プロフィール

会長 北口良平

会長 北口良平

元芦屋大学特任教授

1965年大阪生まれ

広島大学出身

妻と3人の子供(長女・次女・長男)を持つ父

バスケットボール選手時代はインカレ、国体出場など活躍。指導者としては高校の体育教師となり、バスケ部顧問として公立高校でトップクラスの成績を上げた。国体チームのコーチ等を勤めた後文部科学省へ。昔ながらの選手を厳しく叱りながら育てるやり方に限界と違和感を感じ、子どもたちが自立して成長する伸ばし方、指導法に取り組み、2009年にはメンタルウェルネストレーナー、脳力開発トレーナーの資格を取得し協会顧問も務める。各地で多ジャンルの方に向けてメンタル、ケガをしない身体作りや、バスケットボールの指導法に関する講演やクリニックを行う。

大学の先生として教員を目指す大学生を指導する一方で地元の小学生、中学生のバスケットボール教室を行い、公立の進学高校の外部コーチも務める。小中高大学生と常に接して指導を行う。指導においては不易流行の考え方を大切にし、メンタル、古武術、骨ストレッチ等を取り入れている。小学生を教えるバスケ教室では練習が土曜日の週一回で、のびのび教育にも関わらず、出身の子供たちが中学生になると毎年、地域選抜の選手に複数選ばれている。

子どもたちへの指導、指導者への指導を日々行いながら、今でも情報を求めて全国各地へ(時には海外へも)研鑽を続けている。

※不易流行…松尾芭蕉の言葉で、「いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であること」

代表理事 高比良純

代表理事 高比良純

「ファーストコーチ」とは、もともとアメリカの言葉で、分野に関係なく自分が初めて何かに取り組んだ時に、考え方や技術指導などを通して、非常に大きな影響を受けた人の事をいいます。

高校時代に出会った部活の顧問の先生は、私のファーストコーチでした。自分を含め、生徒たちがグングン伸びていくのを目の当たりにするという経験は鮮やかで、とても得難いものした。大学時代にはバイトを通して500人以上の親子関係に触れました。親は子供の大事なファーストコーチです。親の人間性や教育方針が子供に与える影響がいかに大きいかを常に感じていました。初めて就職したころの会社員時代の上司も仕事を通じて私のファーストコーチでした。彼の元では部下がどんどん業績を上げ続け、会社も急成長を遂げ、たった3年で株式上場を達成しました。

私は今の自分があるのは先生、元上司、そして両親のおかげだと感謝しています。

私は彼らの素晴らしいパフォーマンスを通し、まったく別の分野でありながら共通点がいくつもある事に気づきました。これらの共通点を経験則だけではなく、脳科学という科学的観点からも裏付けを取りながら模索し、確立してまいりました。

本協会はそのノウハウと知恵を皆様と共有し、世の中にファーストコーチを広め、普及させていきたいという熱意で発足したものです。


一般社団法人日本ファーストコーチ普及協会 本部事務局
ホームページ http://firstcoach.or.jp  メール info@firstcoach.or.jp